民事再生とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借金民事再生とは、借金の返済が困難な場合、裁判所に申し立てをして借金の大幅な減額を行ってもらう手段です。借金の額が5分の1程度にまで大きく減額されますが、原則3年間で返していかなければいけません。

民事再生は、地やマイホームなどの大きな財産を持っている人や、自己破産をしたくない人、保険外交員などの職業に就いておりその職を離れたくないという人に適した債務整理の方法です。しかし、誰にでも適応できる方法ではありません。民事再生が可能な人には条件があります。

まず、民事再生を適用できる条件の1つ目に、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下であることが上げられます。2つ目に、その借金が返済不可能の見込みがあることがあります。そして3つ目が、安定して継続した収入が見込めることです。3つ目の条件があるため、アルバイトや収入が不安定な人の場合には民事再生が適用できない可能性が高いと言えます。会社員などで毎月の収入が保障されている人にとっては借金の額が大きく減額されるため民事再生は非常に嬉しい方法でしょう。

弁護士に民事再生の相談に行く際には、債権者の一覧表をまとめて持って行くとスムーズに進むでしょう。弁護士が依頼を引き受けた時点で、貸金業者から借金をしている人への直接の催促はできなくなります。