メリットとデメリット

民事再生は、マイホームなどの財産を持っていて、継続した収入を得られる人にとってはとても魅力のある債務整理の手段です。しかし、民事再生にもメリットとデメリットがあります。民事再生を希望する際に気にしておきたいメリットとデメリットについて紹介します。

まずメリットとして、借金が大幅に減額されるという点が非常に大きいです。5分の1程度にまで減額されます。そして、自己破産をした場合には借金もゼロになりますが、マイホームやマイカーなどの財産は全て手放さなければいけません。

ところが、民事再生ではその必要はないので、これまでと同じように自分の家に住み続けることができるのです。また、自己破産をすると保険外交員や警備員といった職業に一定期間就くことができなくなる資格制限が適用されますが、民事再生では資格制限はありません。

民事再生で気をつけておきたいデメリットに、住宅ローンの減額はできないという点があります。住宅ローンだけは支払いを続けなければいけないため、それを念頭に置いておきましょう。また、国が発行している「官報」に名前などが掲載されます。さらにブラックリストにも載るため、一定期間新たな借入をすることができません。こうした面を理解した上で検討してみましょう。

民事再生とは

民事再生とは、借金の返済が困難な場合、裁判所に申し立てをして借金の大幅な減額を行ってもらう手段です。借金の額が5分の1程度にまで大きく減額されますが、原則3年間で返していかなければいけません。

民事再生は、土地やマイホームなどの大きな財産を持っている人や、自己破産をしたくない人、保険外交員などの職業に就いておりその職を離れたくないという人に適した債務整理の方法です。しかし、誰にでも適応できる方法ではありません。民事再生が可能な人には条件があります。

まず、民事再生を適用できる条件の1つ目に、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下であることが上げられます。2つ目に、その借金が返済不可能の見込みがあることがあります。そして3つ目が、安定して継続した収入が見込めることです。3つ目の条件があるため、アルバイトや収入が不安定な人の場合には民事再生が適用できない可能性が高いと言えます。会社員などで毎月の収入が保障されている人にとっては借金の額が大きく減額されるため民事再生は非常に嬉しい方法でしょう。

弁護士に民事再生の相談に行く際には、債権者の一覧表をまとめて持って行くとスムーズに進むでしょう。弁護士が依頼を引き受けた時点で、貸金業者から借金をしている人への直接の催促はできなくなります。

借金の返済方法

様々な理由で借金をしたものの、返済が困難になってしまうというケースがあります。地道にコツコツと返していくことができれば一番良いことですが、複数の貸金業者から借金をして雪だるま式に増えてしまった場合には、個人の力だけで返済をすることは容易ではありません。取り立てや催促に頭を悩ませたり、精神的につらい思いをしている人も中にはいるかと思います。こうした場合に、弁護士などの法律のプロを頼って債務整理を行う方法があります。

弁護士に依頼をするメリットには、借金をした人に代わって様々な手続きを行ってくれるという点や、借入額や返済能力などによって自分に適した債務整理の方法を提案してくれるという点が挙げられます。債務整理には任意整理の他、自己破産や民事再生といった方法があります。

その中でも、当サイトではマイホームなどの財産を手放したくないという人などに向いている「民事再生」とはどのようなものなのか、そのメリットとデメリットについて紹介しています。民事再生が適応できる人とできない人などもあるため、その違いについても知っておくと良いでしょう。

民事再生は気になるけれども、それを行うには弁護士費用が心配だという人もいるかと思います。しかし、最近ではインターネットで検索をかけると初回相談は無料の法律事務所もありますし、弁護士費用を後払いにしてもらえるところもあります。借金の問題で悩んでいても自分の力だけでどうにもならない場合には思い切って弁護士に相談をしてみましょう。